工事現場で使えるおすすめの熱中症対策アイテム メイン画像

こんにちは!
作業服専門店ワークユニフォームの徳田です。

夏が近づくにつれて、工事現場や建設現場など、屋外で働く方々が気をつけなければならないのが熱中症です。顔のほてり、めまいや立ちくらみなど、比較的軽い症状のものから始まり、重いものになると、筋肉のけいれん、吐き気、時には死に至ることもある、とても恐ろしい熱中症。

この記事では、熱中症対策に効果的な、工事現場でぜひ身につけて欲しいおすすめのアイテムやグッズをご紹介します。


スタッフ徳田

作業服のプロとして、今回は身につけるアイテムやグッズに絞って、皆様にベストな熱中症対策をご提案します!


このページの目次
  1. 涼しさを感じる3つのポイント
    1. レイヤリング
    2. 吸湿性、速乾性
    3. 通気性
  2. 夏の工事現場におすすめのアイテム
    1. コンプレッションシャツ
    2. コンプレッションパンツ
    3. アームカバー
    4. ヘルメットインナー
    5. アイスベスト
    6. 空調服

涼しさを感じる3つのポイント

暑くなってくると、着るものの枚数をできるだけ減らしたい、と考えるのが普通でしょう。薄着にすることで、体に熱をこもりにくくしたいですからね。

ただし、夏場、現場で働く人達が、着るものの枚数よりももっと気をつけなければならないことが他にあります。涼しさを感じるための、重要な3つのポイントをまずはご紹介します。

レイヤリング

1つ目のポイントは、レイヤリング(重ね着)です。

なるべく薄着にしたいのに、いきなり重ね着なんて!と思われるかもしれませんが、暑くてたくさん汗をかく季節こそ、レイヤリングが重要になってきます。

ちなみに、レイヤリングは、過酷な環境下で体温調節が求められる登山家の方たちなどの間では、すでに当たり前になっている考え方です。

吸湿性、速乾性

2つ目のポイントは、吸湿性、速乾性です。

これは、1つ目のポイント、レイヤリングとも関係してくるのですが、夏の暑い時期、より涼しさを感じるためには、一番下に着る服、肌着の吸湿性、速乾性が、非常に重要になってきます。

肌に直接触れる肌着は、汗をよく吸って、しかもそれをすぐに発散してくれる、吸湿性と速乾性に優れた素材のものが理想です。

通気性

最後3つ目のポイントは、通気性です。

肌着で吸収した汗を外に発散させ、効果的に体温を下げるためには、その上に着る服の通気性も重要です。通気性が悪かったら、せっかく発散させようとしても熱がこもってしまいます。

肌着や上着は、その役割に応じた素材選びをすることが大切です。


スタッフ徳田

これら3つのポイントを意識して、作業服や身に付けるアイテムを選ぶと、より効果的に涼しさを感じることができて、熱中症対策には有効です。

夏の工事現場におすすめのアイテム

ここからは、実際に、夏の工事現場ではどういう作業服やアイテムを身につければよいのか、おすすめをご紹介していきます。

コンプレッションシャツ

コンプレッション イメージ画像
吸湿性と速乾性に優れたコンプレッションは、夏の肌着には是非取り入れてほしいアイテムです。

コンプレッションは、汗をかいてもすぐに吸収して発散してくれます。この時、水分が蒸発する気化熱を利用して、体を冷やしてくれるのです。

他にもコンプレッションには、身体への負担軽減や、ケガの予防、姿勢の矯正、披露軽減や回復、といった様々な効果が認められています。

野球やサッカーなど、スポーツ選手は当たり前のように着用していることからも、コンプレッションがいかに機能性に優れたインナーであるかがお分かりいただけるでしょう。


【関連記事】コンプレッションって本当に必要!? 気になる効果や機能をしらべてみた!


スタッフ徳田

着たときにひんやり感じる接触冷感タイプや、抗菌消臭の機能があるコンプレッションが、夏は特におすすめですよ!

【熱中症対策】夏におすすめのコンプレッションシャツ

大人気バートルの春夏用コンプレッション!バートル 03-4038バートル クールフィッテッドインナー
商品番号:03-4038
冷感・機能カッティング・話題の新庄モデル!Jawin 01-56124Jawin ロングスリーブ[新庄モデル]
商品番号:01-56124
低価格・高機能コンプレッションZ-DRAGON 01-75124Z-DRAGON ロングスリーブ
商品番号:01-75124

コンプレッションパンツ

コンプレッションには、もちろんパンツもラインナップされています。

最近では、定番のロングタイツタイプ以外にも、下着としても使えるハーフパンツタイプや、おしゃれな7分丈タイプなども人気です。

作業ズボンの下にコンプレッションパンツを着用することで、ズボンの中の不快な蒸れを軽減し、気化熱によって涼しい効果が得られます。


スタッフ徳田

夏の工事現場にこそ、インナーに上下コンプレッションを着るのがおすすめです。

【熱中症対策】夏におすすめのコンプレッションパンツ

アームカバー

アームカバー イメージ画像
アームカバーは、手首から二の腕あたりまでのコンプレッションです。機能的にはコンプレッションウェアと同じですが、簡単に着脱することができるのがポイントです。

コンプレッションは体にぴたっとフィットするので、長袖だと簡単に腕まくりしようとしてもなかなか難しいですが、アームカバーであれば、半袖、長袖の切り替えがスムーズにできます。


【関連記事】アームカバーの効果的なつけ方は、◯◯とセットが基本!?


スタッフ徳田

アームカバーは、半袖コンプレッションと合わせて付けるのが、夏にはおすすめですよ。

【熱中症対策】夏におすすめのアームカバー

吸汗速乾加工の快適アームカバーバートル 03-4043BURTLE クールアームカバー
商品番号:03-4043
高機能・豊富なカラーリングが魅力TS DESIGN 08-84116TS DESIGN 春夏用パワーアーム
商品番号:08-84116

ヘルメットインナー

ヘルメットインナーは、その名の通り、ヘルメットの中にかぶる薄いインナーキャップ。吸湿性や速乾性に優れたコンプレッション素材のものが主流で、いわば『頭にかぶるコンプレッション』です。

ヘルメットの中が、汗で蒸れるのを解消してくれるヘルメットインナーは、夏は特にその効果を発揮してくれます。

ノーマルのキャップタイプや、頭に巻くバンダナタイプ、ヘアーバンドタイプ、首の後までカバーしてくれるタイプなど、種類もいろいろ。お値段も手頃なので、夏の工事現場には、必ず身につけたいアイテムです。


スタッフ徳田

接触冷感抗菌消臭などの機能が付いたヘルメットインナーが、夏の工事現場にはおすすめです。

【熱中症対策】夏におすすめのヘルメットインナー

アイスベスト


アイスベストは、背中や脇の下にあるポケットの中に、保冷剤を入れることができるようになっている特殊なベストです。着用することで、保冷剤が直接的に体の熱を冷ましてくれる、画期的な商品です。

保冷剤の保冷時間には、どうしても限りはありますが、冷たい保冷剤による冷却効果は抜群。予備の保冷剤を用意するなどすれば、身につける熱中症対策アイテムとして、かなり期待できる商品です。

アイスベストは、通気性の良いもの、上着の下に着用しても邪魔にならない、フィット感の良いものがおすすめです。


【関連記事】【話題の新商品】アイトスのアイスベストをさっそく体験してみました!


スタッフ徳田
アイトスのアイスベストは、メッシュ素材で通気性がよく、体にもしっかりフィットするのでおすすめです!

【熱中症対策】夏におすすめのアイスベスト

空調服

空調服 イメージ画像
空調服は、服に付いた小型のファンで服の中に外気を取り込み、服の中に風を送り込むことで汗を蒸発させ、その気化熱によって涼しくする製品です。

専用のモバイルバッテリーで動作するので、工場現場や屋外作業などエアコンの使用できないような環境でも、快適に作業することができます。

空調服は、そのあまりの効果から、ここ2、3年で一気に市場に広まっていて、当店でも昨年は、夏本番を前に完売してしまう商品が続出するほどの過熱ぶりでした。

大量の風で、汗を一気に蒸発させてくれる空調服は、コンプレッションとの相性が抜群です。インナーにコンプレッションを着用して、その上に空調服を着るのがおすすめです。


【関連記事】2020年版 最新空調服おすすめベスト3!


スタッフ徳田

空調服+コンプレッションという組み合わせ、今年の夏はぜひともお試しください。涼しく快適で、仕事の効率もアップすること間違いなしですよ!

【熱中症対策】夏におすすめの空調服


この他にも、最新の人気モデルの空調服は、本格的に暑くなるシーズン前には完売してしまう商品がほとんどです。

気になる方は、ぜひ早目のチェックをおすすめします!


スタッフ徳田

身につける作業服やアイテムに限って言えば、空調服は熱中症対策の大本命と言っても過言ではありません。確実に空調服を手に入れるために、今すぐチェックされることを強くおすすめいたします!!


熱中症対策にあすすめの空調服 商品バナー

>>2020年最新モデルの空調服はこちら


written by ユニネク制作チーム 松浦 一郎&徳田 悠祐