作業服の下に着る服 イメージ画像
気温が高くなってくるこの時期、当店には「作業服の下に着る服」についてのご質問が多く寄せられます。できるだけ涼しく、快適に作業するためには、作業服の下に着る服、インナーがとても重要です。今回は、夏におすすめな作業服の下に着る服、インナーについてお答えします。

よくあるご質問・ご要望

Q.夏、作業服の下に着るおすすめの服を教えて下さい。
Q.普通の下着を着ているけれど、それではダメなのでしょうか。
Q.素肌の上に作業服を着たほうが涼しいのではないでしょうか。
Q.毎日着るものなので値段が高いのは困ります。

Q.夏、作業服の下に着るおすすめの服を教えて下さい

答え

A.コンプレッションウェアがおすすめです!

自重堂 Z-DRAGON 78104
暑い日のハードな仕事、作業服の下に着る服には、コンプレッションウェアが断然おすすめです。

コンプレッションウェアとは、よく野球選手やサッカー選手などが、ユニフォームの下に着ている、ピタッとした服のことです。コンプレッションとは直訳すると「圧迫」という意味で、着ると着圧感を感じることができる服ということで、こう呼ばれています。

コンプレッションウェアはもともと、運動時のパフォーマンスを向上させる目的で開発されたスポーツウェアでしたが、その機能性の高さから、最近では、仕事着のインナーとしても使われるようになってきました。

コンプレッションウェアを着用すると、適度な締め付けによって疲労の元となる無駄な筋肉の揺れを防いでくれるので、スタミナの向上や疲労感の軽減など、さまざまな面で体をサポートしてくれます

建設業や大工、運送業など、仕事で体を動かすことの多いの方々にとって、コンプレッションウェアはおすすめのインナーですよ!

>>体をサポートしてくれる高機能インナー・コンプレッション

Q.普通の下着を着ているけれど、それではダメなのでしょうか

答え

A.コンプレッションウェアは、吸汗速乾性が高いのでいつでも快適です!

さらに、コンプレッションウェアには、汗を吸ってすぐに乾かしてくれるという特徴もあります。

コンプレッションウェアをインナーとして着用していれば、汗をかいても、すぐに吸収して乾いてしまうので、汗でベタついたり、不快な蒸れを感じることなく、常に快適にいられるんです。

綿素材でできた普通の下着の場合だと、こうはいきませんよね。たくさん汗をかく暑い季節こそ、吸汗速乾性の高いコンプレッションウェアを、作業服の下に着るのがおすすめです。

>>吸汗速乾性の高い高機能インナー・コンプレッション

Q.素肌の上に作業服を着たほうが涼しいのではないでしょうか

答え

A.コンプレッションウェアは、気化熱によって涼しさを感じることができます!

しかも、コンプレッションウェアには、汗が蒸発するときの気化熱によって、体の熱を下げてくれるという効果もあります。

お風呂上がりに、扇風機の風に当たると涼しく感じますよね。コンプレッションウェアを着て汗をかくと、あれと同じ現象で涼しさを感じることができるんです。

夏はできるだけ薄着にしたい、ということで、素肌の上に作業服を着るという方も多いでしょうが、かいた汗を利用して涼しさを感じさせてくれるコンプレッションウェアをインナーに着たほうが、断然涼しいですよ。

>>夏でも涼しい高機能インナー・コンプレッション

Q.毎日着るものなので値段が高いのは困ります

答え

A.作業服メーカーのコンプレッションウェアは安くておすすめです!

コンプレッションウェアのイメージ画像
コンプレッションウェアは、一般的にはスポーツメーカーの商品が有名ですが、仕事着のインナーとしても使えるので、最近では、作業服メーカーからも数多くの商品が発売されています。

スポーツメーカーのものに比べ、作業服メーカーのコンプレッションウェアは価格が安く、ストレッチ性や吸汗速乾性などの機能もしっかり備わっているので安心です。

毎日使う作業服のインナーとしては、価格が安く、機能性にも優れている、作業服メーカーのコンプレッションウェアがおすすめですね。

>>価格が安い高機能インナー・コンプレッション

下の記事では、作業服メーカーのおすすめのコンプレッションウェアを紹介していますので、是非そちらも参考にどうぞ!

https://uniformnext.co.jp/blog/archives/4288
>>ユニフォームのプロが選ぶコンプレッションインナーおすすめ5選!!ワーカーの必需品!

さいごに

夏、作業服の下に着るおすすめのインナー、お分かりいただけましたでしょうか?

これから選ばれる方は是非、コンプレッションウェアをチェックしてみてくださいね!

■作業服・作業着の全品バーゲン通販【ワークユニフォーム】はこちら


written by ユニネク制作チーム 松浦 一郎&野坂 健太郎