撥水と防水の違い メイン画像

合羽など、レイングッズを選ぶときに、「撥水」と「防水」2つの表記があって、どちらを選べばよいのか迷われたことはありませんか?今回は、撥水、防水、この2つの違いについて分かりやすく解説します。


このページの目次
  1. 撥水加工と防水加工の違いとは?
    1. 撥水加工とは
    2. 防水加工とは?
  2. 防水商品 ここに注意!
  3. さいごに

撥水加工と防水加工の違いとは?

2つの違いは、一言で言うと、撥水加工は「水をはじく加工」のこと、防水加工は「水を通さないようにした加工」となります。


ここがポイント
  • 撥水加工・・・水をはじく加工
  • 防水加工・・・水を通さない加工

撥水加工とは

撥水加工のイメージ画像

撥水加工とは、シリコンやフッ素などで生地の表面をコーティングし、水を玉状にしてコロコロとはじく加工を指します。生地をコーティングしても、布目の隙間は塞がれないので、空気や蒸気は通します。通気性が保たれるので、蒸れにくいというメリットがあります。

市販の撥水スプレーなどを使っても、同様の効果が得られますので、生地にあとから撥水効果を足すということも可能です。

ただ、素材そのものではなく、表面に加工を施しているだけなので、使用とともに段々とその効果は落ちてきます

また、水の量が極端に多い場合や、逆に、霧雨のような小さい水滴の場合も、布目の隙間から中に浸透してしまうことがあります。

撥水加工の特徴

メリット
  • 通気性が保たれるので蒸れにくい
  • 手軽に効果が得られる
  • デメリット
  • 徐々に効果が落ちてくる
  • 水を防ぐ力は弱い
  • 撥水加工の主な製品
  • スノーウェア、コート、ダウンジャケット、傘など
  • 防水加工とは?

    防水加工とは、塩化ビニルや合成ゴムなど、生地そのものを水を通さない素材で作ったり、生地の隙間にゴムや合成樹脂を塗り込んで、水を通さないようにする加工を指します。素材自体が加工されているものなので、撥水と違い、使っていくうちに防水効果が落ちてくるということはありません。

    水の浸透をほぼ完全に防ぎ、強い雨でも水を通しませんが、撥水加工とは違って布目の隙間がないため、空気や水蒸気も通さないので、通気性が悪く蒸れやすいという弱点があります。

    ただ、防水加工の中には、水は通さずに空気だけ通すという、特殊な防水フィルムを使ったものもあります。合羽などに使われる、防水透湿素材と呼ばれるものの多くがこれにあたり、有名なところではゴアテックスがあります。

    防水透湿素材のイメージ画像

    高い防水効果と蒸れにくさが期待できる防水透湿素材ですが、他の防水加工に比べると、価格は高めになっています。

    防水加工の特徴

    メリット
  • 水を防ぐ力が強い
  • 効果が長く持続する
  • デメリット
  • 通気性が悪く蒸れやすい
  • 蒸れにくい防水加工もあるが、価格が高い
  • 撥水加工の主な製品
  • 合羽、レインコート、登山用リュック、テントなど
  • 防水商品 ここに注意!

    撥水?防水?どっち?

    防水の機能をうたっている商品を買うときには、防水か撥水、どちらの加工が施されているの商品なのかを、しっかり確認してから買うようにしましょう。

    防水性をアピールしている商品であっても、実際には撥水加工がされているだけのものも中にはあったりしますので、注意が必要です。

    合羽を選ぶとき

    また、合羽やレイングッズなどは、「耐水圧(防水性を示す数値)」「透湿性(蒸れにくさを示す数値)」といった数値が表示されているものもあります。いずれも数値が高いものほど、効果が期待できる商品になります。

    ちなみに、この2つの数値が圧倒的に優れている、ゴアテックス製のレイングッズは、高い防水性と蒸れにくさ、両方を兼ね備えています。

    防水力、防水効果の高さは、ある程度、商品の値段に比例するということも、頭の片隅に覚えておくと、失敗しない雨具選びに繋がりますよ。

    下の記事では、価格が安い割に、高い防水力と蒸れにくさがある、おすすめの合羽を紹介していますので、そちらも参考にしてみて下さい。


    蒸れないおすすめの合羽はこちらの記事を参考にどうぞ!

    さいごに

    撥水と防水の違い、いかがでしたか?

    似ているようで違いがある撥水と防水。合羽を選ぶきなど、この違いを正しく理解していなければ、せっかく買ったのにがっかり…、なんてことにもなりかねません。

    大事なポイントなので、ぜひ覚えておいて役立てて下さいね。


    こちらの記事も参考にどうぞ



    written by ユニネク制作チーム 松浦 一郎&野坂 健太郎


    この記事を監修してくれたユニフォーム博士

    岩田百志 岩田 百志(いわた もとし)
    ユニフォームを販売して20年。
    豊富な商品知識から、商品の特徴(素材・デザイン・機能面)を瞬時に判断し、お客様に最適なユニフォームを提供するユニフォームコンシェルジュ。

    現在では、後身の指導にアドバイザリーとしても尽力。
    経験から得たユニフォームの基礎知識や販売のノウハウに至るまで、ユニフォームの魅力を日々伝えている。