ユニネク通信とは? 「顔が見えないネット通販だからこそ、スタッフや会社のことを知ってもらい、安心してもらいたい!」をモットーに、様々な企画を展開していくコンテンツ。まずはユニネクスタッフの仕事っぷりを紹介します!



プロフィール
  • 名前:YouTuber野坂
  • 略歴:2016年4月入社➡WEB営業G WEB第2T所属/ワーク・カッパのWEB営業(~2019年7月)➡商品企画 商品T所属/メーカーとのやり取り、在庫確保/管理(~2020年8月)
  • 現所属部署:マーケティング部 制作G コンテンツ制作T(2020年8月~)
  • 仕事内容:社内youtuberとして、動画企画から撮影・編集・公開まで行う
  • youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCDeSaABawwGOkn8iKMLrN1g
  • (2020年9月現在)

    仕事紹介

    こんにちは。社内YouTuber野坂です。

    ワーク・カッパサイトのWEB営業業務から、商品企画チームとしてメーカーとのやり取り、在庫確保/管理業務を経て、現在はコンテンツ制作チームに所属。動画企画立案から、撮影・編集・公開までを担当しています。

    ステルスジャケットの販売を任されたり、アイスベストの在庫を取りすぎて、急遽値下げしたり、メルマガのお客様からいじられたりと、なんとなく私のキャラを掴んでくれているかと思いますが、今回は動画作成の裏側を詳しく紹介します。


    大まかな動画作成の流れは下記の通り。

    1. 作成する動画の案出し
    2. 撮影スケジュール決め
    3. 商品の取り寄せ
    4. 撮影内容や進行を考える
    5. 撮影
    6. 編集
    7. 動画公開

    基本、これらをすべて一人で行っています。動画では割とテンション高く話していますが、裏側は結構孤独。これ、YouTuberあるあるなんでしょうか。YouTuberの方、ぜひ教えてください(笑)

    社内YouTuber野坂さん1
    動画で紹介する商品を取り寄せ、訴求ポイントを細かくチェック!

    取り寄せた商品はしっかり現物チェック。カタログに掲載されている内容だけでなく、実際に手にとった情報から動画で伝えたいことを決めます。
    WEB営業時代に直接お客様とやりとりしていた経験や、商品企画チームでの商品管理で培った商品知識が、「お客様にとってどんな情報が役に立つのか」 「どんな情報が求められているのか」 を考える際に、非常に活かされていると実感しています。

    社内YouTuber野坂さん2
    撮影前のお化粧風景。身支度する姿はまるで営業前のスナックママ。

    撮影内容が固まったら、いよいよ撮影!
    その前に、最高にかっこいい姿で動画をお届けするべく、身支度はかかせません(Notおねえ)。
    動画でのハイテンションとは裏腹に、疲れが肌に出やすい「ハイパーセンシティブ美容系youtuber」な一面もあります(意外?)。

    社内YouTuber野坂さん3
    ノーギャラリーの中(孤独)撮影スタート!

    カメラの位置、肌のコンディション、己のテンションが整った段階で撮影スタート!
    撮影場所は主に会社の休憩室を利用していますが、周りに誰もおらず基本一人です。一人でここまでテンション上げている自分、我ながらすごいと思います。

    社内YouTuber野坂さん4
    動画編集風景。大変でもあり楽しくもある重要な作業!

    撮影が終わったら、いよいよ動画編集!
    動画編集を任されて早1ヶ月(2020年9月現在)。ゼロから動画編集知識を習得しながら、日々スキルアップに励んでいます。ちなみに今月、5本動画公開しました(すごくない?)

    さいごに一言

    ほんの半年前の私(黄昏)

    動画を作る上で、私が大切にしていることは「ユニフォームに関する情報はどこよりも詳しく早くお届けすること」。そして、最終的にYouTuberとして街で声をかけてもらえるようになることが目標です!

    まずは、弊社所在地である福井の人から、声かけてもらいたいので、街で偶然、野坂を見かけたら、声かけてください!(取り込み中だったらそっとしておいてね)

    私の動画を気に入ったよ、という方はぜひ!チャンネル登録をよろしくお願いいたします。
    動画への感想や、「こんな動画とって欲しい!」、野坂への応援、励まし、ほどほどのいじりがあれば、どしどし待っています。
    みなさんからの声が励みになる&肌荒れ軽減に繋がりますので、ぜひ!


    ▼youtubeチャンネルはこちら



    ■ユニフォームネクスト株式会社

    written by ユニネク制作チーム